京梅嘉(きょううめか)

  • トップ
  • 京梅嘉(きょううめか)について
  • 京梅嘉(きょううめか)の秘密
  • 食べ物由来の原材料
  • ご愛用者の声
  • FAQ

主な原材料は、食べ物由来 厳選した食品のみを使用しています。

「医食同源」「美容と健康はよい食べ物から」という梅嘉さんのこだわりにより、主要な原材料は、食べ物由来のもののみを厳選して用いています。また、産地にこだわり、安心してお召し上がりいただける製品づくりに努めています。

希少な高級美容食品 ツバメの巣

楊貴妃も好んで食したと伝えられているツバメの巣は、アナツバメの唾液が固まったもの。ローヤルゼリー(ミツバチの唾液)の200倍のシアル酸を含有しているといわれており、美容と健康を願う女性に深く愛され続けている食材です。京梅嘉では、高品質な一級品のみを選別して使用。成分を守るため、水や熱を極力使わないよう酵素処理によって分解し、体になじみやすくした食品を配合しています。
“ぷる 艶 ぜりぃ 京梅嘉”、“ぷる 艶 ぜりぃ プラス 京梅嘉”、“ぷる 艶 かぷせる 京梅嘉”には、56mgのツバメの巣を配合しています。

ツバメの巣のEGF、シアル酸についてはこちら コラーゲンだけじゃダメ

コラーゲン・ヒアルロン酸含有食品 鶏冠抽出物

1gあたり6リットルの保水性を有するヒアルロン酸は、ハリと潤いを守る大切な成分。年齢とともに徐々に減少するため、内側からの補給が不可欠です。鶏冠は、そのヒアルロン酸とコラーゲンをはじめとするさまざまな保水成分を独特のバランスで含んでいます。そのため京梅嘉では、合成のコラーゲンやヒアルロン酸ではなく、たくさんの保水成分を含んでいる鶏冠を採用。特許を取得した独自の製法で低分子化した食品として配合しています。“ぷる 艶 ぜりぃ 京梅嘉”には300mg、“ぷる 艶 ぜりぃ プラス 京梅嘉”、“ぷる 艶 かぷせる 京梅嘉”には420mgの鶏冠抽出物を配合。九州産のトレーサビリティが判明している鶏冠で、コラーゲン50%・ヒアルロン酸5〜7%の規定値が保証されている食品です。

※鶏冠抽出物製造方法により、特許取得(特許番号3653068)

鶏冠抽出物のコラーゲン・ヒアルロン酸についてはこちら コラーゲンだけじゃダメ

フラバンジェノール®(松樹皮抽出物)

フラバンジェノール®(松樹皮抽出物)

フラバンジェノール®とは、フランス南西部Landes地方の海岸付近に広がる、ポリフェノールの一種であるOPC(オリゴメリック・プロアントシアニジン)を豊富に含んでいる海岸松の樹皮抽出物のこと。強力な抗酸化作用を持つことで知られています。その抗酸化力は、ビタミンCの600倍ともいわれるほど。
美容と健康にうれしい成分で、1968年に発見されて以来、フランスでは医薬品として使用されています。その他ヨーロッパでは40年の永きにわたり愛用され続けています。

※フラバン化合物含有組成物としての特許取得(特許番号3689413)

※「フラバンジェノール」は登録商標です。

フラバンジェノールについてはこちら コラーゲンだけじゃダメ

和三盆糖

和三盆糖

はんなりとした甘さを醸し出す和三盆糖は、京菓子にも使用されている淡い生成のお砂糖。江戸時代に製法が確立されたお砂糖です。和三盆糖の名前は、砂糖(盆)の上で三度研ぐことに由来していると言われています。“ぷる 艶 ぜりぃ 京梅嘉”、“ぷる 艶 ぜりぃ プラス 京梅嘉”には、本場徳島県産の和三盆糖を配合。両商品の上品なおいしさの決め手となっています。

蓮根(レンコン澱粉)

蓮根(レンコン澱粉)

鎌倉時代には、高貴な人のみが食べることができた蓮根。縁起の良い食べ物として、京都の老舗料亭や精進料理に多用されています。ぷるんとした舌触りとなめらかな喉ごしにより、多くの食通を魅了してやまない食材です。“ぷる 艶 ぜりぃ 京梅嘉”、“ぷる 艶 ぜりぃ プラス 京梅嘉”では、蓮根からのみ採取した希少なレンコン澱粉を使用しています。

梅果汁

梅果汁

日本の文化に欠かせない梅の実。ほのかに甘酸っぱいやさしい風味が特長で、古くから日本人の食文化に深く息づいています。“ぷる 艶 ぜりぃ 京梅嘉”、“ぷる 艶 ぜりぃ プラス 京梅嘉”では、国産の梅から絞った梅果汁のみを使用しています。

Copyright. Sante Fablier. All Right Reserved.